本校の性格と役割

○中等前期普通教育の実践  

○本大学との共同の教育実践

○本大学学生の各学年段階における教育実習の実践

 

学校教育目標

「自ら考え行動し、共に学び合い、高め合う生徒の育成」

教育目標 

校長挨拶

宮城教育大学附属中学校校長  川村 寿郎

 本校は,昭和22年に宮城師範学校男子部附属中学校・女子部附属中学校として創設されて以来,創立66年を迎える学校であります。
本校校歌に「俊英が集いしあとを学びやに,ゆくて遥かな夢を呼ぶ」とあります。 「学ぶ」ということは,二度とない人生をどのように生きるべきかの問いを持ち続けることであります。「自主」「共同」「明朗」という「校是」のもと,学校教育目標を「自ら考え行動,共に学び合い,高め合う生徒の育成」と掲げ,保護者の皆様や地域の皆様の御理解と御協力を賜りながら,教員一丸となって努力しているところでございます。
 また,本校の特色は,「中等教育前期普通教育の実践」,「宮城教育大学の行う教育研究への協力」,そして「本大学学生の各学年段階における教育実習の実施」という三つの使命を担っている点にあります。よりよい社会づくりに貢献できる人材を輩出できるよう「愚公移山」の志をもってこれからも尽力してまいります。
 「伝統」を大切にしながらも,新たなことに挑戦する精神を持ち続け,常に変容していかなければならないと考えております。
 引き続き,皆様の御支援,御指導,御鞭撻のほど,なにとぞよろしくお願い申し上げます。